住宅ローンに有利な低金利政策が暫く続く

近年の政権下においての経済政策も相まって、金融関係も日銀が勧める低金利というのは、其の効果は住宅ローンにまで波及してきています。 近年の住宅ローンの金利は長期金利や短期金利、其れに変動金利や固定金利の其々の条件がありますが、概ね、1%前後を推移しているようで、従って住宅を購入したり建築するには又とないチャンスと捉えてしかるべきでしょう。

尚、住宅ローンには大きく分けて二つのタイプがあるようで、長期にわたる住宅ローンを完全に返済するまでの間に、金利の変動が其れに合せるような「変動型金利」と、其の逆で完全に返済するまでに全く金利が変わらない「固定型金利」とに分かれています。

また、その中間的な意味合いの住宅ローンとして、一定期間金利を固定型にしておいて、其の決めれ期間を過ぎると金利が変動型に変わるという、此のような特殊金利型も一定の人気を呼んでいるのです。

そして言えることは、現在の金融政策や国内の金融事情(借金が大量にある現状)からみても、金利政策が極端に上昇に転ずるということは割合として少ないとも言われ、従って住宅ローンも現状のような低金利政策が暫くは進むとも言われています。